公益社団法人全国家庭電気製品 公正取引協議会

HOME  > 入会をご検討の企業様

公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会
入会のご案内

家電公取協とは?

家電公取協は、公正競争規約をしっかりと守り、
不当表示や過大景品を未然に防止することで消費者に信頼される
家電業界であり続けることを目的に設立されました。
社会的認知と業界内での役割認知の高まりに伴い、加盟事業者は年々増加しています。
会員名簿

景品表示法改正について

2014年、景品表示法が二度改正され、主に次のような事項が定められました。

  • ・「事業者が講ずべき管理上の措置」の義務づけ(2014年12月施行)
  • ・都道府県知事に対する措置命令権限の付与(2014年12月施行)
  • ・不当表示を行った事業者に対する課徴金制度の導入(2016年4月施行)

このように、不当表示や過大景品に対する社会の目は、ますます厳しくなってきています。
そのような環境下で、家電業界において、公正競争規約を運用する家電公取協に対する期待が高まっています。

当協議会が策定したシンボルマークは、
適正な表示を推進する会員企業だけが、
そのカタログ・チラシ・ホームページなどにおいて
使用を許されているものです。

「会員」の5つのメリット

1家電公取協のマークをカタログ、チラシ、ホームページ等に使用することができます。

2公正競争規約の法的効果により安心した事業活動ができます。

  • 家電公取協が運用している公正競争規約は、独占禁止法の適用が除外され、規約に基づく行為については原則として独占禁止法の違反処理手続きは適用されません。
  • 規約に参加している会員企業は、その規約を遵守していれば、景品表示法違反に問われることもなく、安心して事業活動ができます。

3委員会活動、懇談会へ参画できます。

  • 会員は、各種委員会および傘下の分科会・ワーキンググループ等に参画でき、新たなルールづくりに自社の意見を反映させることができます。
  • 行政当局・消費者団体との懇談会、各種会員懇談会に参加できます。

4規約や関連法規に関する情報に幅広くアクセスできます。

  • 委員会活動への参画により、「表示」「景品」に関する新たなルールづくり等に自社の意見を反映するとともに、様々な業界関連情報を入手できます。
  • 家電公取協主催のセミナー・研修会等へ参加することによって、最新の関連法規や行政の動向、新製品の技術動向など、幅広い情報を入手することができます。
  • 消費者庁・公正取引委員会等、行政当局から各種官庁情報などについて、入手することができます。

5各解説書を会員価格で購入できます。

  • 家電公取協が運用する製造業表示規約・小売業表示規約・景品規約の各解説書を会員価格で購入できます。

入会金および会費

家電公取協に入会する場合、入会金が必要です。
また、会員になると、年会費が必要となります。

入会金

正 会 員
(一般企業、個人加入法人など)
10万円
特別会員
(非営利団体、社団法人など)
免除

年会費

製造業
家電品の国内売上高に応じて、
別途定める基準により算定いたします。
小売業
国内売上高に応じて、
別途定める基準により算定いたします。

入会するには

入会申込書(所定様式)をご提出いただいた後に、理事会の議決事項として
上程し、承認を得ることが必要となります。

入会基準

  • 法令及び本協議会が運用する公正競争規約の遵守。
  • 定款の規定等に違反しない、公正競争規約に関する調査への協力、協議会の名誉を傷つける行為を行わない等。

※景品表示法の規定に基づき、規約への参加・脱退は不当に制限されません。

お問い合わせ

家電公取協へのご入会をご検討いただける場合は、下記宛てご連絡願います。
上記の当会所定用紙を添付し、関係資料をお送り致します。

公益社団法人
全国家庭電気製品公正取引協議会
事務局

〒105-0003 東京都港区西新橋2丁目8番11号 7東洋海事ビル10階

ページの上部に戻る