公益社団法人全国家庭電気製品 公正取引協議会

HOME > 協議会概要 > シンボルマークについて

・シンボルマークについて

表示を正しく 家電公取協

シンボルマークに込めた想い

3つのハート、3つの約束
消費者笑顔に。

メーカー、販売店、行政。それぞれの想い(3つの約束)を表すハートが三位一体となり、消費者に笑顔をお届けする。そんな家電公取協の存在を、シンボルマークに込めました。マークの中央は、消費者の笑顔とコンセントを表し、そのすぐそばにあるコンセントプラグは、消費者と家電業界と行政の3者をつなぐ絆を表しています。
シンボルカラーは、濃いブルー。「冷静」な判断力、「誠実」な取り組み、「未来」への希望を表しています。

 

シンボルマークの愛称が「ただしちゃん」に決定!

シンボルマークの愛称を皆さまからご応募いただき、「ただしちゃん」に決定しました。 「表示を正しく」を「ちゃんと」行う、(正しく、ちゃんと)の意味を込めた愛称とともに、皆さまに、さらに安心して家電を選んでいただける環境をとどけていきます。

・お客様の笑顔につながる、3つの約束。

3者の協力
作り手と売り手と行政が
ひとつに
「メーカー」、「販売店」、「行政」が三位一体となり、公正な競争環境と消費者が安心して商品を選べる環境をつくります。
3つの規約の遵守
買い手への約束を決め、
キチンと守る
「製造業表示規約」、「小売業表示規約」、「製品業景品規約」の運用を通じて、公正な競争環境と消費者が安心して商品を選べる環境をつくります。
3つの目的の実現
みんなが安心して家電を
使えるようにする
「公正」な取引環境、国民生活の「安定」、家電業界の健全な「発展」の実現に取り組みます。

※シンボルマークについてのお問い合わせは家電公取協事務局までお願いします。

 

家電公取協はおかげさまで設立40周年を迎えました

昭和53年(1978年)に当協議会の前身である「家庭電気製品表示公正取引協議会」が設立されてから、今年でちょうど40年が経過しました。当協議会はこれまで、家電メーカー・家電販売店が行う表示や景品類の提供について、業界自主ルール(公正競争規約)を遵守することにより、消費者が安心して家電製品を選べる環境づくりを進めてまいりました。メーカーカタログや販売店のチラシ・店頭ステッカー等に掲載されているシンボルマーク「ただしちゃん」が、消費者の皆様から安心・信頼の証として認識していただけるよう、今後も適正な表示を推進してまいります。

ページの上部に戻る